スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県 奥琵琶湖~伊吹山ドライブウェイ~彦根ツーリング その2





滋賀県 奥琵琶湖~伊吹山ドライブウェイ~彦根ツーリング その1 からの続き


一日を満喫して本日の宿「ホテル エスタシオン彦根」に到着。

今回、彦根城の夜間ライトアップを見るために、ここ彦根に宿を取ったのですが

実はこのホテル彦根駅のそばにあり、彦根城からは少し離れています。

なのに、何故ここに宿を取ったのか・・・・・


実はこのホテル、事前調査でバイク乗りにピッタリのビジホだと知ったのです。

まずは、この写真をご覧下さい。

奥琵琶湖&伊吹山&彦根

ホテル エスタシオン彦根が、バイク乗りにピッタリの理由

その1 1階部分が駐車場になっていて屋根の下に止められる

その2 2、3台のバイク専用?スペースがある。

その3 駐車場に防犯カメラが数台ある。


この防犯カメラはちゃんと動いており、私が到着してバイク置くところを探してたら

すぐにフロントから降りてきてくれました。

そしてこのホテルには漫画コーナーがあり、たくさんのコミックの中から

好きなものを数冊部屋に持って入れるのです。

周りには飲食店も多いし、久しぶりに大当たりのビジホでした(^^)


奥琵琶湖&伊吹山&彦根



近くで晩ご飯を食べて、いざ彦根城へ!

夜道を一人でテクテク歩いて行きます(^_^;)


↓奥にライトアップされた彦根城が見えます。
奥琵琶湖&伊吹山&彦根


20分くらい歩いたでしょうか。ついにお堀にたどり着きました!

奥琵琶湖&伊吹山&彦根

奥琵琶湖&伊吹山&彦根


いつもは人がいっぱいなのに、ほとんど人が居なくて新鮮な感じです。

奥琵琶湖&伊吹山&彦根

奥琵琶湖&伊吹山&彦根



こちらは映画 るろうに剣心 京都大火偏 の撮影で使われた場所です。

劇中で大久保利通が瀬田宗次郎に暗殺された場所ですね(^^)

奥琵琶湖&伊吹山&彦根

奥琵琶湖&伊吹山&彦根


彦根城は周りからしか見れないのですが、いい感じでした。

3回ほどか来た彦根城ですが、ライトアップは始めて見ました!

i-phone(しかも4S)ではこれが限界(^_^;)
奥琵琶湖&伊吹山&彦根


1時間ほどうろうろして、また来た道をてくてく歩いて帰ります。
奥琵琶湖&伊吹山&彦根



見逃した小谷城も近いし、今度もこの宿を拠点としてツーリングしたいです。

次の日もゆっくり走りながら変える予定でしたが、途中から雨がぽつぽつと・・・・・

カッパを着るほどではなかったのですが、まっすぐ家路に。

奥琵琶湖&伊吹山&彦根

やっぱり一泊ツーリングは楽しいです(^^)

来シーズンもたくさん走るぞ!!






彦根城に行って見たくなった方は
クリックお願いします m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 関西発!へなちょこツーリングブログホーム |

コメント

剣矢さん、こんちは~ww
通しで拝見しました。
いや~懐かしいなぁ~って。

http://ken692.blog118.fc2.com/blog-entry-572.html

今年は、じゃ~琵琶湖でキャンプですね。
応援ポチしときますよww

>>けんさんへ

なんと以前にこちらに来られてたんですね(^^)

そのころにお知り合いだったら私も参加して青のVスト4台だったのに~

あっ!私、そのころVスト乗ってませんでした(笑)

今年は一緒にキャンプしたいです!

ホテルエスタシオン彦根

バイクで泊まれる屋根付き駐車場のあるホテルを探し、貴ブログに辿り着きました。

「ホテル エスタシオン彦根が、バイク乗りにピッタリの理由」を以下のURLに転載(文字数の都合で加工あり)させて頂きましたのでご報告申し上げます。
http://bike-p.net/plot/c25_shiga/0749-22-1500pnet.php

貴ページをリンクさせて頂いておりますが、リンクや転載が不都合な場合は修正・削除させて頂きますので、ご一報お願いいたします。

これからも益々楽しいバイクライフをお過ごしくださいませ。

>>バイクで泊まれる宿泊施設さま

ありがとうございます。ご遠慮なく、ライダーのためにお使い下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yumebanchi2013.blog.fc2.com/tb.php/59-ebe178f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。